看護師の転職 同僚との確執からの転職。はたらきながらも辛かった…

転職の大きな理由に、職場での人間関係の悩みがあります。これは、看護師に限らず、どんなところでもあることですよね。最初にお話ししたような、自分自身のパーソナリティが問題で、職場になじめないならば、結局どこに転職しても同じことが起こってしまいます。その場合はさておいて、自分に非はなく現場の同僚、先輩、後輩、医師などに問題がある場合は転職を考えても仕方がないでしょう。でも、ちょっとストップ。その時にも慎重になりましょう。私が相談を受けたある人は、上司から、自分の学歴についていつも人前で馬鹿にされていたそうです。落ち込んで、退職も考えていましたが、それでは弱いものいじめに屈することになります。学歴社会の日本ですが、人間は学歴で優劣をつけられるものではありません。人はみな平等なのです。間違っているのは、もちろん上司ですね。この方の場合は、結局組織の人事の人に、現状を相談することにされました。そうしたら、その上司のほうが名誉毀損だということで、罰せられ、本人にわびを入れるよう指導を受けたそうです。それ以来、いじめもなくなり、この事実を知らなかった周りの人も応援してくれて、もう一度仕事にはげむことができたそうです。あまりにも職場の誰かの対応が悪い場合、組織の責任者にきちんと相談しましょう。転職が必要なのは、あなたをいじめる人の方かもしれませんからね。

Copyright© 2010 看護師の転職物語 All Rights Reserved.